豆類、野菜をもっと食べるこつ

2013.04.23 Tuesday 22:22
0

     




    豆類、野菜、果物類には、繊維質やミネラル、ビタミンが含まれています。これらの食物には、高血圧やガンなどの、成人病を防ぐ働きがあるといわれています。

    しかし、果物類は、糖や炭水化物を多く含み、血糖値を上げやすいので、食べ過ぎはいけません。反対に、豆類や野菜類にも多少の炭水化物が含まれていますが、同時にたんぱく質も含まれているため、血糖値の急上昇にはつながりません。さらに、繊維を多く含むので、カロリーを取りすぎることなく空腹を満たすことができます。なので、なるべく多くの豆類・野菜類を、毎日の食事に取り入れましょう。

    下は、豆類・野菜類をより簡単に摂るアイデアです。良かったら参考にしてください。


    ■ スープやシチューなどに野菜多めに入れる。残り物を食べるときは、冷凍野菜を電子レンジで暖めていれると簡単です。




    ■ スクランブルエッグに小さく刻んだ野菜を入れる。



    ■ ごはんを豆類と一緒に炊く。



    ■ パスタ料理に豆を加える。



    ■ 野菜ジュースを飲む。



    ■セロリや人参などをスティック状に切って、おやつとして食べる。ハマスをディッピングとしてつけて食べてもおいしいですよ。



    豆類は、乾燥したものを使ってもいいですが、水で戻したりと手間がかかりやすいので、缶詰のものを使っても構いません。

    野菜は、冷凍ものでも栄養素はあまり変わりません。冷凍ものは新鮮なうちに凍らせてあるため、あまり新鮮でない野菜を使うよりも、かえっていいでしょう。

    関連記事:

    食事が原因のストレスをためないようにしましょう
     

    PCOSヘルプでは、日本では入手しにくい、PCOSに効果的と言われている、D-チロ-イノシトール(カイロイノシトール)のサプリメントを取り扱っております。よろしかったら一度お試しください。    
       
        チラルバランスDCIの購入はコチラから

     






    category:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) | by:comments(0) | -
    Comment