水分をきちんと摂っていますか?

2013.04.24 Wednesday 22:16
0

     




    夏に近づくにつれ、汗をかく機会も多くなってきますが、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の有無に関わらず、毎日適量の水分を摂取するということは、健康維持において、とても大切なことです。

    水分の働き


    水分には下のような効果があります。

    ■ 食欲を抑える

    ■ 筋肉の働きを助ける

    ■ 体内の余分な水分を流し出す

    ■ 脂肪の燃焼を促す

    水分の摂取量

    体に必要な水分ですが、摂れば摂るほどいいというものではありません。では、適量の水分とは、どれくらいなのでしょうか?

    標準的な体重の人は、一日当たり、約2.1リットルの水分を摂るのが望ましいといわれています。しかし、肥満の方は、それ以上の水分を必要とするそうで、具体的には、超過重量11kgごとに、30ミリリットル余分に水分を採ることが必要なのだそうです。例として、50kgが健康的な体重だとして、実際の体重が61キロだと、一日あたりに必要な水分量は、2.4リットルとなります。

    水分を摂る際に気をつけたい点は、ソーダや果汁など、糖分を含んだものを飲まないということです。ソーダの種類によっては、人口甘味料を使ったものもありますが、糖分が含まれていないにもかかわらず、人口甘味料はインスリンの値を上げてしまうので避けましょう。また、カフェイン入の飲物は、利尿作用があるため、せっかく摂った水分を失ってしまうので、避けましょう。

    水分をより簡単に摂る方法

    水をいつも飲むのを苦痛に感じられる方は、下をご参考ください。

    ■ ハーブティーを飲む

    ■ サプリメントや薬を飲んだり、食事をする都度、コップ1杯の水を飲み干す

    ■ ミネラルウォーターをいつも手元に置いておく

    私の個人的なお気に入りは、ミネラルウオーターに、解毒作用があるといわれているレモンの絞り汁と、血糖値を安定させるといわれている、シナモンを混ぜたものです。最初聞いたときは変な感じがするかもしれませんが、実際試してみると、結構おいしいですよ。


    関連記事:
    妊娠前にぜひやっておきたいこと


    PCOSヘルプでは、日本では入手しにくい、PCOSに効果的と言われている、D-チロ-イノシトール(カイロイノシトール)のサプリメントを取り扱っております。よろしかったら一度お試しください。    
       
        チラルバランスDCIの購入はコチラから


     

     

     






    category:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) | by:comments(0) | -
    Comment