低血糖とPCOS

2013.11.19 Tuesday 12:03
0

     




    ご飯を食べた後、手が震える、冷や汗が出た、余計おなかが減ったといった経験はありませんか?PCOSを持つ女性なら、一度は経験したことがあると思います。

    これらの症状は、低血糖によって引き起こされます。食事をとった直後に、低血糖がおこるって、ちょっとおかしい感じがしますよね?

    PCOSを持つ多くの女性が、インスリン抵抗性を持っています。つまり、血糖値を下げる働きがある、インスリンというホルモンに、体が反応しにくくなっていて、それに対抗するために、体が余分なインスリンを分泌してしまいます。

    食後の低血糖は、食事の内容に大きく関係しています。白米や、うどん、パスタ、砂糖などが多く含まれている食事を取ると、血糖値が急激に上昇し、それをコントロールするために、インスリンが大量に分泌され、その結果、血糖値が急激に下がってしまいます。

    血糖値の急激な上昇・下降を防ぐには、下のようなことが効果的です。

    ■ 少量の食事を細かく取る

    おなかがぺこぺこになるまで何も食べないでいると、血糖値が下がりすぎるし、極度の空腹の状態で食事をすると、早食い・大食いにも繋がるので、少量の食べ物を、3〜4時間毎に取るといいと思います。

    ■ ゆっくり食べる 

    早食いすると、急激に血糖値が上がってしまうだけでなく、食べすぎにも繋がります。

    ■ 繊維質・たんぱく質の多い食事をする

    消化がしにくい食べ物は、血糖値を急激に上げにくいそうです。

    関連記事:インスリン抵抗性にいい食事の例





    PCOSヘルプでは、日本では入手しにくい、PCOSに効果的と言われている、D-チロ-イノシトール(カイロイノシトール)のサプリメントを取り扱っております。よろしかったら一度お試しください。    
    yo">→ PCOS専門のサプリはコチラから



     

     

     


    category:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群) | by:comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM