不妊治療を始める前にやった事

2017.10.16 Monday 03:42
1

JUGEMテーマ:不妊治療

 

関連記事:PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を克服して赤ちゃんを授かりました −1 (診断)

     妊娠前にぜひやっておきたいこと

 

こんにちは。PCOSヘルプのチカコです。

     

自分自身の不妊治療の経験から学んだことは、不妊症の唯一いい点は(もちろん、簡単に妊娠・出産できればそれが一番ですが)、妊娠前に十分いろんな準備ができることだと思います。

 

私の場合は、本格的な不妊治療を始めるまで10年あったので、妊娠前にやっておいた方が良いと言われることはほとんど実行しました。

 

 

1.歯医者に行く

 

妊娠中は、麻酔や痛み止めなどの薬の使用に制約があるそうです。また、妊娠中はレントゲンも避けなければいけません。私の場合は、虫歯はなかったのですが、親知らずが4本もあり、そのうちの1本は横に生えていて、歯磨きがしづらく、よほど気を付けないと虫歯にもなりやすいため、不妊治療を始める前に、思い切って4本とも同時に抜いてもらいました。

 

親知らずの抜歯は術後がすごく痛いと聞いて、かなり怖かったのですが、いざやってもらうと、頂いた痛み止めの薬のお陰かそれほど痛くありませんでした。思い切って一気に抜いてもらってよかったと思いました。

虫歯が無くても、妊娠中は、エストロゲンなどのホルモンの変化の影響で、歯槽膿漏が悪化しやすく、少しの数の細菌でも歯茎から出血したり、腫れやすくそうなので、歯茎の健康のチェックや、歯石の除去のためにも、歯医者さんに行ったほうがいいそうです。

また、妊婦の方が歯槽膿漏を患っていると、早産のリスクが健康な人と比べて5倍、低体重児を出産するリスクが7倍も高いと言われています。

 

 

2. サプリメントを摂る

 

排卵の確率と、卵子の質を少しでも上げたかったのと、元気な赤ちゃんを授かりたかったので、数種類のサプリメントを飲みました。(注意:個人によって必要なサプリメントは違ってくるので、かかりつけのお医者様に相談してから飲んでください!)

 

 

  • チラルバランスDCI − 過去に複数の医師からPCOSの診断を受けていましたが、チラルバランスDCIを数年間飲んだところ、不妊治療を行った先生からはPCOSの傾向はみられないと言われました。詳しくはコチラ

 

  • 葉酸など、妊娠中に大切なビタミンが含まれているマルチビタミン - 葉酸は、胎児の先天性異常の一つである、神経管閉鎖障害の発生の確率を下げる働きをすると言われています。神経管閉鎖障害とは、胎児の先天異常の一種で、神経管(脳や脳や脊髄といった、中枢神経系のもと)が作られる妊娠の4〜5週ごろに 発生します。日本では、1万人の出生に対して、約6人の割合でみられます。神経管閉鎖症が起こると、下肢の運動障害や、膀胱・直腸機能障害、脳の形成不全などが発生します。妊娠時、葉酸の一番必要な時期は、受精時から妊娠12週目位とだそうです。そのため、妊娠が分かってから慌てて摂り始めるのではなく、妊娠の最低3ヶ月前から葉酸のサプリを摂取したほうがいいそうです。

 

  • フィッシュオイル(EPA/DHA) - フィッシュオイルに含まれるオメガ3は、赤ちゃんの脳や目にとても大切で、アレルギーのリスクも低下すると聞いたので、飲みました。フィッシュオイルは、血をサラサラし、出血しやすくなるので、出産予定日の数週間前に摂取をやめるように言われました。

 

  • DHEA - 残念ながら日本では、DHEAのサプリメントは販売できないことになっているそうです。DHEAは若返りホルモンや、成長ホルモンとしても知られ、卵子の質の向上が期待されるらしいです。ただ、DHEAは飲み過ぎると、乳がんなど、体に害を起こすらしいので、お医者様の監督の下で飲みました。

 

  • ビタミンD - 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性はビタミンD濃度が低い傾向にあるそうで、PCOSによる排卵障害の女性はビタミンDを補充することによって排卵率が上がるそうです。また、卵胞液中のビタミンD濃度が高い女性ほど体外受精の妊娠率が高いという研究結果がでています。さらに、ビタミンDが不足してくると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの妊娠合併症にかかりやすかったり、低出生体重児生まれやすくなる、小児ぜんそくにかかるリスクが高くなるなどの害が出てくるそうです。
     

 

 

 

3. 適度な運動

 

妊娠しやすい体を作るには、血行を良くすることが大事と聞いたので、毎日30分程歩いたり、ヨガ、ストレッチをやりました。

 

運動はあんまり好きではないのですが、幸い、シベリアンハスキーのサーシャというパートナーがいたので助かりました。たまに、今日は散歩に行きたくないな〜という日も、彼女が行こうよ!と言ってくれたので、ほとんど毎朝、雨が降らない日は歩きました。

 

散歩のほかに、骨盤内の血流を良くしたかったので、ヨガやストレッチもお風呂あがりなどにやりました。私は股関節がとても固かったので、Youtubeなどで股関節ストレッチなどを検索して下半身を重点的にストレッチしました。

 

寝る前にヨガやストレッチをすると、ストレス解消にもなってよく眠れたので、効果があったと思います。

 

 

 

 

 


PCOSヘルプでは、日本では入手しにくい、PCOSに効果的と言われている、D-チロ-イノシトールのサプリメントを取り扱っております。よろしかったら一度お試しください。    
   
    チラルバランスDCIの購入はコチラから


   

 

 


Comment